陸上混成競技 中田有紀のDiary
鳥取にて合宿中でした!

ここ鳥取では、今回も、身体の扱い方、動作、テクニックを学び、充実した時間になりました☆


シーズン後半に手応えを得た動きの変化

このシーズンオフの期間中に、少しでも身につけて記録に繋げていきたいと思っています



走り、ハードル、ジャンプ、投げ
今回は数年前に言われた動きに近いものを表現することができ、その時と今日がシンクロしました

あの時はやりたくてもできなかったことができるようになってきている
確かな進歩に触れられる合宿となりました

継続は武器
継続が武器


来シーズンに向けて、しっかりじっくり取り組みたいと思います!

【2013/11/25 21:26】 | 合宿
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
2013年12月号
陸上競技マガジン(ベースボール・マガジン社)

特別企画-ドキュメント-
日本が誇る、しなやかな“鉄女”ふたり
中田有紀[前編]×早狩実紀
「40歳の壁に挑むクィーン・オブ・アスリート」
ライター:増島みどりさん


陸上競技の専門誌である「陸上競技マガジン」に
女子3000m障害の第一人者となる早狩実紀さんとともに2週連続企画として、特集記事が掲載されてます


なぜ、挑み続けるのか・・・

前編となる今月号(12月号)には
私が競技を続けている理由、その競技観にスポットがあたっています


スポーツの価値
このテーマに迫る取材では
競技との向き合い方について私自身の経験から学んだこと、学んでいることを率直にお話しました

記事を読んでみると
あのときの意識改革がなければ
記録だけじゃない、結果だけじゃない、「スポーツの価値」ということに気づかないまま現役を終えるところだったなと、改めて思う自分がいます

たくさんの人に支えられているなと、つくづく思います 


興味のある方、陸上競技マガジン12月号、是非ご覧下さい☆

【2013/11/16 16:17】 | メディア
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
岩手県盛岡市にて開催された
陸上競技普及•育成プロジェクト
カケッコーズ主催「陸上競技スクーリング2013」

岩手県内の小学生を中心に
お揃いの大きなバックを抱えた子供たちがグラウンドに集まってきました^^


私は、高学年以上の部を担当
カケッコーズ1
走りにつながる「動き作り(身体の扱い方)」を紹介。午前・午後、子供たちと一緒に汗を流しました

カケッコーズ3

もっとうまくなりたい
もっと速く走れるようになりたい

そういう気持ちが子供たちからビシビシ伝わってくるのは選手としてとても嬉しいことでした

カケッコーズ2
子供たちの純粋な思いに触れて、将来の陸上界がより成熟したものになっていくことが本当に大切だなと思いました


スクーリング終了後の記念写真☆(カケッコーズ代表:阿部丈二さん-写真左)
カケッコーズ4
スクーリングに参加した子供たちからメッセージ入りの色紙をもらいました。みんな、ありがとう^^

お互い、レベルアップできるようにがんばりましょう!

【2013/11/07 12:05】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |