陸上混成競技 中田有紀のDiary
「初めまして、中田です」

整形外科を紹介してもらって
良くなってきた脚の状態を把握するため
診察を受けに行きました。

名刺を渡して挨拶する私に
席を立って対応してくれたドクター。
この人・・・、立ち上がってくれた・・・。

翌日、MRIをとれるよう手配してくれて
「明日はMRIに30分ほど時間がかかります。
その後診察をしたいと思いますが、映像が出来上がるのに10分ほどかかります。よろしいですか?」
明日のスケジュールをこのように説明してくれました。
この人・・・、10分が長いと思って話をしてくれてる・・・。

ドクターは
私からの質問に
目を見て、きちんと答えてくれました。
今の段階ではっきり答えが出せないことは、そのままきちんと教えてくれました。
そして、ドクターとして何ができるかをはっきりと提示してくれました。
私は
そんなドクターの話を聞いて、
より安心してトレーニングに取り組める準備が整った感じがしました。

この人・・・、スゴイ方だ。。。



”ベクトルが自分にむいていない”
最近読んだ本に、こんな表現があったことを思い出しました。

まさにそんな感覚の方だったので
そこに安心感が生まれたのだと思います。

今日は
わたしにとって新しい出会いの日となりました。

【2008/02/27 23:37】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



トレーナー
もしよかったらその本教えてもらえないでしょうか??なんかヒントになりそうで…☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/28(Thu) 21:44 |   |  #[ 編集]
もしよかったらその本教えてもらえないでしょうか??なんかヒントになりそうで…☆
2008/02/29(Fri) 15:08 | URL  | トレーナー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック