陸上混成競技 中田有紀のDiary

今日はCBCさんの撮影がありました。オンエアーは8月上旬。                                       


バイオメカニクスの授業風景を撮影。桜井先生がお話ししていると、カメラマンさんがどんどん近づいて、その近さに桜井先生が笑っちゃってました^^。                                    


大学院の授業は今月23日まで。私の場合は合宿があるので、実質今週までになります。夏休み中に、いくつか集中講義があります。通常授業は1年、または半年かけて講義をしてもらうのですが、集中講義の場合はそれを3日間に凝縮するようなシステムです。だから朝から夕方まで1つの授業を聞くことになります。これもまた合宿と重なる・・・。聞きたい授業があるので、どうにかできないか考え中です。。。


授業後は練習。


週末の練習で体重が少し減ってしまいました。そして、ちょっと疲労感も残っていました。疲労感は、ウォーミングアップのジョギングやストレッチなどで消えていくときもあります。そんなときの疲労はあまり気にしません。。                                                   今日感じた疲労は、今日の練習の疲れというよりも、残っていた疲労が練習後半に主張してくる感じでした。こういう感じ方はちょっと気をつけなきゃいけないと思っています。


疲労にもいろいろあって、運動の刺激としてこなきゃいけない疲労と、回復しやすい疲労、たまってきそうな疲労、抜けきらない疲労、1箇所だけの疲労、全身の疲労・・・などなど。フィーリングのいい疲労と嫌な疲労は ニオイでわかります^^。


疲労の感じ方は人それぞれで、同じ人の中でも違ってくるもののような気がします。運動の刺激とそれに対する反応(例えば疲労)をどうやってトレーニングに生かしていくか、試合に向けて調子を上げていくのにとても大事な要素です。主観的な疲労、客観的な疲労。。この自己分析は自分をよく知っていないとできないようで、選手の繊細なところだと思います。気にしすぎても×、気にしなさ過ぎても×・・・。体との会話は、常に、当たり前のように行われているのです。


とにかく今日感じた疲労は、早めに取ってやりたいと思います!


 


雨上がりの今日は グランドにたくさんの蚊。。。気付いたら4箇所かまれてた。ムズムズするぅ~。かゆみ止めを塗りにいったらそこで+2。


「6箇所もかまれたぁ」


後輩に言うと


「あと1個ですね!」


そこも「7」にこだわるべき!? 7種なら7箇所かまれなさいと後輩から教えられました^^


【2007/07/17 22:49】 | 未分類
トラックバック(0) |

そーだね。。
全開武井
やっぱ7種だもんね。。。
7にはこだわらないとだね。。。
俺も。。
ビルに入ったら。。10階まで階段ダッシュで行ってから。。
用事のある階に向かうようにしております。。
全開です。。。

疲労
あんちゃん@ミズノ
お疲れ様。
私も現役時代同じ様な経験をしました。
若い頃?はイケイケで来ていましたが、28歳を越えた頃から徐々に疲労が抜けにくくなりました。
それまで練習量で自信を付けていたので困惑して、かなり悩みましたが、以前スピードスケートの全日本選手権を観戦して感じさせられた事を思い出しました。
それは、陸上競技以上にレベルの高い次元のtopスピードスケート選手達が、セルフケアを積極的に行っていました。それまで体のケアはトレーナー任せになっていた自分のレベル低さを痛感し、それ以来自分でもセルフケアをするようになりました。
それで何が変わったか。
感覚が鋭くなっていき、自分の体の状態が手に取るように分かってきました。無駄な故障も少なくなったと思います。
今までの流れに加えて、新しいスタイルを確立できれば6000点突破も十分可能だと思います。
頑張れ!中田!!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そーだね。。
やっぱ7種だもんね。。。
7にはこだわらないとだね。。。
俺も。。
ビルに入ったら。。10階まで階段ダッシュで行ってから。。
用事のある階に向かうようにしております。。
全開です。。。
2007/07/18(Wed) 07:02 | URL  | 全開武井 #dfsFvJus[ 編集]
疲労
お疲れ様。
私も現役時代同じ様な経験をしました。
若い頃?はイケイケで来ていましたが、28歳を越えた頃から徐々に疲労が抜けにくくなりました。
それまで練習量で自信を付けていたので困惑して、かなり悩みましたが、以前スピードスケートの全日本選手権を観戦して感じさせられた事を思い出しました。
それは、陸上競技以上にレベルの高い次元のtopスピードスケート選手達が、セルフケアを積極的に行っていました。それまで体のケアはトレーナー任せになっていた自分のレベル低さを痛感し、それ以来自分でもセルフケアをするようになりました。
それで何が変わったか。
感覚が鋭くなっていき、自分の体の状態が手に取るように分かってきました。無駄な故障も少なくなったと思います。
今までの流れに加えて、新しいスタイルを確立できれば6000点突破も十分可能だと思います。
頑張れ!中田!!
2007/07/19(Thu) 00:34 | URL  | あんちゃん@ミズノ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック