陸上混成競技 中田有紀のDiary
4月27日、28日
グランプリシリーズ
日本選抜陸上和歌山大会
皆さん、応援ありがとうございました!

5168点で4位という結果でした

私自身
春のグランプリシリーズで7種競技をやり遂げることができたのは
実に4年ぶり
久々に7種への手応えを感じられる明るいグランプリ大会となりました☆

800m2 (2013-04-28) (458x258)
(最終種目の800m)


ここ数年
故障がちで我慢することが多かった分
この期待感を素直に受け取っていいのかわからないけれど
大きな収穫であることは間違いないです


SP2 (2013-04-27) (458x258)
(砲丸投げ)

HJ2 (2013-04-27) (458x258)
(走り高跳び)


怪我克服のため
食事を見直し
うまくトレーニングが積めるようになってきています

今シーズンの変化を
この先に繋げることができれば
また新しい経験に出会えそうです


1秒でも速く
1cmでも高く遠くへ

日本選手権をターゲットに
皆さんの応援を力に挑戦していきます
応援、よろしくお願いします!


(7種競技結果)
5168点 4位
100mハードル 14秒41(向かい風2.0m)
走り高跳び 1m63
砲丸投げ 10m12
200m 25秒92 (追い風2.2m)
走り幅跳び 5m69 (追い風0.5m)
やり投げ 37m72
800m 2分25秒15

【2013/04/30 09:21】 | 試合結果
トラックバック(0) |

混成競技の砲丸投
マスターズ陸上 山田博嗣
グランプリシリーズ日本選抜陸上和歌山大会での復活の様子でよかったですね。

今回の砲丸投の写真を拝見して、右足の踵でグライドされているのは、砲丸投の一流選手の技術を身に付けておられて素晴らしいですね。

マニアックですが、踵でのグライドにより、リラックスした下半身の動きが出来ているのは、投擲選手でもなかなか出来ないことです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
混成競技の砲丸投
グランプリシリーズ日本選抜陸上和歌山大会での復活の様子でよかったですね。

今回の砲丸投の写真を拝見して、右足の踵でグライドされているのは、砲丸投の一流選手の技術を身に付けておられて素晴らしいですね。

マニアックですが、踵でのグライドにより、リラックスした下半身の動きが出来ているのは、投擲選手でもなかなか出来ないことです。
2013/04/30(Tue) 14:35 | URL  | マスターズ陸上 山田博嗣 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック