陸上混成競技 中田有紀のDiary
今年のお盆は
名古屋でトレーニング

モスクワ世界陸上はテレビで観戦しています

これまでで
印象的だったのは
女子棒高跳びのメダル争いのシーン

さぁ、金メダルは誰の手に!という場面で
地元ロシア代表イシンバエワ選手が1本目で成功
勝負所で跳んでくるのはさすがだなと思っていたら
ライバルの選手が最後のチャンスとなる跳躍の時に、イシンバエワ選手が近づいてきたカメラに向かって投げキッスをした
投げキッスは、会場に設置されている大型スクリーンに映しだされ観客は大喜び
優勝するのはイシンバエワ選手だと言わんばかりに、スタジアムが湧きました

その間、ライバルの選手は最後のチャンスとなる跳躍に集中したいところだったはず
ファンサービスにも見えるこのシーンは、ライバルにプレッシャーをかけるシーンでもあり
勝負への揺さぶりが見えて、印象に残りました^^


女子棒高跳びの解説では
集中するための戦略として、選手の場所取りについての説明もありました
イシンバエワ選手が他の選手のジャンプが見えない位置で次の試技の準備をしているという解説

投げキッス、場所取り
フィールド内での勝負の駆け引きが見えたシーンは、すごく陸上っぽいなと思いました^^

世陸も終盤


私自身は秋のシーズン、来シーズンに向けて
改善中の技術を身につけようと取り組んでいます

もうしばらく
夕方トレーニングのリズムを続けて
勝負強く、粘り強く戦えるよう、この夏を乗り切りたいと思います!

【2013/08/18 13:26】 | 陸上競技
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック