陸上混成競技 中田有紀のDiary
みなさんにお知らせがあります!

本日9月6日(土)ベースボール・マガジン社より中田有紀著『やろうよ 陸上競技』が発売されます

こども向けの陸上本です☆



世界と戦う中で気づいたのは
「動きのロスをなくすことでスピードが増す」ということ
「身体の扱い方を身につけることがパフォーマンス向上の最短距離だ」ということ
自身の取り組みを振り返るとともに
次世代を担うこどもたちにこのことを理解してもらいたい、そして、こどもたち自身が「できる!」「上手くなった‼︎」を体感することで自信がもてるようになってほしいと思うようになっていきました


『やろうよ 陸上競技』では
私自身も取り組んでいる“動きつくり”の中から、動きの習得が早いとされる小学生年代にとても大切だと思う内容を選んで一冊の本にまとめました
「からだの扱い方」
「かけっこ」
「走り幅跳び」
「ハードル走」
4つの章それぞれに10種類以上の“動きつくり”を紹介しています


この“動きつくり”は
私が行き詰まっていた頃、ちょうど31歳のとき(2008年)に出会いを頂いた鳥取ワールドウィングの小山裕史代表と取り組んでいる内容の一部になります
この動きつくりに取り組むようになってから
32歳で100mハードル13秒75、33歳で走り幅跳び6m30と自己記録を更新し、日本選手権7連覇、8連覇、9連覇を達成することができました
そして、道理にかなった競技へのアプローチを学びながら、今も記録更新を目指している自分がいます


こどもたちの足が速くなることを、そして、こどもたちの未来に想いを込めた陸上本

この本に触れてもらうことによって、たくさんのこどもたちに「陸上競技って面白いな!」と思ってもらえれば、最高に嬉しいです☆

書籍は全国書店にてご購入いただけます

http://www.amazon.co.jp/やろうよ陸上競技-中田-有紀/dp/4583107285

タイトル:『やろうよ 陸上競技』
著者:中田有紀
出版社:ベースボール・マガジン社
発売日:2014年9月6日
仕様:単行本 144ページ
価格:1500円+税

【2014/09/06 21:27】 | メディア
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック