陸上混成競技 中田有紀のDiary

13時 岡崎市中央公園 野球場。プレイボール!


中京大中京高校の甲子園をかけた、愛知県予選決勝戦。観客席は満席で、応援席の熱気が高校球児への期待を感じさせます。私の隣には野球部のOBなのでしょう、20代半ばぐらいの名古屋弁バリバリの兄ちゃんたちががっつり陣取って応援していました。彼らは野球を知っているので、1投1打解説付きです。選手を励まし、名前を呼び、立ち上がって拍手を送り、失敗しても次のチャンスをねらっていけよっとその殆どがプラス思考の応援でした。きっと現役時代に学んだ考え方なんだろうなと思いながら、私も応援に参加。


2007.7.31-1
満席の3塁側のスタンド


今日は火曜日でした。平日にもかかわらずたくさんの応援。中には「仕事中」の方も・・・。「決勝だぞ、休みとってきたてー」中京大中京高校の伝統の重みを感じました。きっと、大藤監督や今村コーチはもちろん、選手もこの重みを知っているはず。なんとしても勝つ。この強い気持ちが揺らがないために日々の努力があるのだと感じました。


野球をじっくり見るのは恥ずかしながら2回目です。しかも、決勝戦は初めてです。今、選手がどんな心境の中で闘っているかを考えると、点を取ってほしいとかアウトにして欲しいとかいう応援ではなくて、そこで気持ち負けるなとか強気に!とか大丈夫自信を持ってとか、気持ちのことばかり応援してました。マウンドにある独特の雰囲気、選手にとってどううつっているんだろう。試合の流れは、めまぐるしく動き、それに対応していく両陣営。ちょっとした気持ちの変化がその流れに影響しそうだということは素人の私でも感じました。


応援する立場になるといつも思うことがあります。それは応援する側は応援しかできないということ。私自身が選手だからそう思うのかもしれませんが、マウンドとスタンドではやっぱり世界が違う気がしてなりません。だからどうやって踏み込んでいいのか、時々わからなくなります。私は応援することが下手だなと思いました。応援はものすごい力になるのに自分が応援できない・・・。2007.7.31-2
9回表のピンチのとき、選手が集まりました。このあと中京大中京高校は2点の失点。5-7で負けてしまいました。


選手たちはそれぞれに、この大会やそれまでの野球人生を胸に焼き付けることになると思います。私も高校時代に感じた思いは今でも鮮明です。自分を律し、仲間を励まし、逃げずに強くなろうと進んできた道のりは、本当に人生の宝です。真摯に目指すほど自分の弱さを知ることになり、そこから逃げずに考えることで、成長する力を学ぶことになると思います。


大人は甲子園がすべてではないと思うかもしれません。でも、多分選手にはそれがすべてでそれが支えだったと思われます。次に向かってちゃんと1歩踏み出せる日が決められるよう、願います。


まっすぐ闘った選手のように、私も頑張ろうと思います。


 


【2007/07/31 23:14】 | 未分類
トラックバック(0) |

私も…
ともとも
私も昨日は岡崎にいましたよv-19
残念でしたね。野球は1度負けてしまうと次に進めないので、1戦1戦気を抜けないですよね。
そんな彼らはプレッシャーの中ここまで頑張ったと思いますv-10
最後の最後まで何が起こるかわからない、そんな甲子園球児はすごいですv-91


桜追い人
今日は、暑いのにモリコロパークご苦労さまでした。
快くサイン頂きありがとうございます。
爺が、拙いブログに今日記事アップしました。
不都合がございましたら、ご連絡下さい。
削除いたします。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も…
私も昨日は岡崎にいましたよv-19
残念でしたね。野球は1度負けてしまうと次に進めないので、1戦1戦気を抜けないですよね。
そんな彼らはプレッシャーの中ここまで頑張ったと思いますv-10
最後の最後まで何が起こるかわからない、そんな甲子園球児はすごいですv-91
2007/08/01(Wed) 06:51 | URL  | ともとも #-[ 編集]
今日は、暑いのにモリコロパークご苦労さまでした。
快くサイン頂きありがとうございます。
爺が、拙いブログに今日記事アップしました。
不都合がございましたら、ご連絡下さい。
削除いたします。
2007/08/01(Wed) 21:22 | URL  | 桜追い人 #LO2WkUmM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/05(Sun) 22:43 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック