陸上混成競技 中田有紀のDiary
走幅跳の魅力を存分に楽しめる大会『ひらかたロングジャンプカーニバル』
大会発案者の荒川大輔くん(NOBY T&F)

世界陸上に2回出場、8mジャンパー
選手にも子どもたちにも多くの人に愛され慕われているナイスガイです



トップアスリート部門の出場選手のみなさん
優勝したのは手平選手(中京大→オークワ)
おめでとうございます!


午後にはトップ選手らのクリニックが行われ
私はその特別講師として
小学生の子どもたちにジャンプの指導をしてきました

トップアスリートのジャンプを間近で観戦した子供たち
次は自分たちの番だと
集合場所への移動も駆け足です^^

できるかなぁ、難しそうだなぁとか言いながらも
目一杯身体を使って表現してくれて
ナイスジャンプ!の連続でした☆☆☆

子供達の目がキラキラしてる
それがとても嬉しいです



【2016/07/18 09:12】 | 陸上競技
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック