陸上混成競技 中田有紀のDiary
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本選手権、七種競技がようやく終わりました。

記録が低調だったので、途中で何度も何度も気持ちが折れそうになりましたが、そんな自分に勝てたことが最大の収穫となりました。




社会人が何人か出てきて、大学生も強くなってきて、選手の層が厚くなってきた七種競技。迫力、凄味が増してきています。数年前までは、日本選手権に社会人が殆どおらず、私がいなくなるとこれは全日本インカレになってしまうと危惧していました。


選手層の厚みが増しているのは、私が取り組み続けていることの成果だと言ってくれる人もいます。
「混成競技の価値」を高めることに今後もぶれずに取り組んでいけたらと感じています。




最後の800mは、その日の選手の勝敗を決めるデッドヒートとなりましたが、私も逃げ出しそうになる自分としっかり闘うことができました。


この秋、もう一度七種にチャレンジします。
皆さんにも是非、混成競技に関心を持ってもらえたらと思います。何としても頑張ります!





【2018/06/20 08:19】 | 試合結果
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。