陸上混成競技 中田有紀のDiary

昨日、会社の代表 山口さんからお電話いただきました♪


お仕事で秋田に行かれていたそうで、気候がいいことなどを教えてもらいました^^。秋田国体が今年最後の試合になりますから、今はそれに向けて練習しています!今日は体と相談しながら、必要な補強を2時間ほど行いました。


今日行った補強から2つほど紹介します。


①これは、新城の鍼治療院の中川先生から4~5年前に教えてもらったものです。              2007.9.25-1
太ももの後ろ側にうまく力が入らない時や、バランスが悪い時、脚の片側だけ痛くなる時などに行っています。よく怪我をする後輩にも紹介しています^^。今日はちょっと太ももの裏側が使いにくい感じだったのでメニューに入れてみました。


②                     2007.9.25-2


③                      2007.9.25-3
①~③ 90度から地面につま先がつくまで、ゆっくり30秒かけています。ポイントは、できるだけ同じ速度でおろすこと。これが結構難しいです。膝関節でおろすスピードをコントロールすると、途中でギギ・・ギ・ギーーギギと速くなったり遅くなったり、時には脚が戻ったりします。できるだけ太ももの裏側の筋肉で調整する感じで行います。筋肉同士が邪魔しあわないように・・・。片足30秒×15セット


 


次は体幹と支持脚の強化です。                         2007.9.25-4
少し段差のあるところに片足を乗せて、10kgのシャフトをかついでます。写真の右足は少し膝を曲げて、足裏でしっかり立っています。左足を振り子のように振っていきます♪腰からブンブン振ります。


2007.9.25-5
後ろはこれぐらいまできたら、すぐに前に振ります。前から後ろへ1秒間で2回振るぐらいの速いテンポです。アクセントは前から後ろ、脚が交差する時に支持脚(写真では右足)に力がグッグッと加わります。この時におなかの辺り(体幹)と支持脚がぐらぐらしないようにしっかり支え続けます。30秒間もしくは50回ぐらいが1セットの目安です。


悪い例はこちら                                                                                                               2007.9.25-6  2007.9.25-7  2007.9.25-8                                   上体が後ろ過ぎ      上体が前過ぎ        膝がピコピコするだけ・・・


疲れてくるとこうなりやすいです。笑いながらやると腹筋にかなりきます^^


 


練習後は、東京大学の深代千之(ふかしろせんし)先生の特別講演!すでに満席でした。


2007.9.25-9

深代先生の生き方とか物の見方、スタンスの持ち方、何を大切にしているか・・・・などなど、勉強になります!


【2007/09/25 22:30】 | 未分類
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/26(Wed) 17:49 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/26(Wed) 19:38 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック