陸上混成競技 中田有紀のDiary
岩手県盛岡市にて開催された
陸上競技普及•育成プロジェクト
カケッコーズ主催「陸上競技スクーリング2013」

岩手県内の小学生を中心に
お揃いの大きなバックを抱えた子供たちがグラウンドに集まってきました^^


私は、高学年以上の部を担当
カケッコーズ1
走りにつながる「動き作り(身体の扱い方)」を紹介。午前・午後、子供たちと一緒に汗を流しました

カケッコーズ3

もっとうまくなりたい
もっと速く走れるようになりたい

そういう気持ちが子供たちからビシビシ伝わってくるのは選手としてとても嬉しいことでした

カケッコーズ2
子供たちの純粋な思いに触れて、将来の陸上界がより成熟したものになっていくことが本当に大切だなと思いました


スクーリング終了後の記念写真☆(カケッコーズ代表:阿部丈二さん-写真左)
カケッコーズ4
スクーリングに参加した子供たちからメッセージ入りの色紙をもらいました。みんな、ありがとう^^

お互い、レベルアップできるようにがんばりましょう!

【2013/11/07 12:05】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |
第40回全日本中学校陸上競技選手権大会(8/20~8/22 瑞穂陸上競技場)が開催され
大会プレゼンターとしてイベントに参加してきました


同じ日にプレゼンターとして参加した山本聖途選手(中京大:2013モスクワ世界陸上男子棒高跳び6位入賞)と古川裕太郎選手(小島プレス:2012年ぎふ国体男子110mハードル優勝)と一緒に
プレゼンター1

こちらは鈴木亜由子選手(名古屋大学:2013年ユニバーシアード大会女子10000m金メダル)
プレゼンター2
みんなとは、待ち時間にいろんな話ができて楽しかったな^^


競技場では大学時代にお世話になった先輩との懐かしい出会いもありました
私が大学に入学したばかりの時に
寮生活のための家具や日用品を買いに連れて行ってもらったり、食事に連れて行ってもらったりと、優しく迎えていただいた大学時代の先輩
約15年も前の話ですが今でもすぐに思い出せる優しさです

その先輩の甥っ子さんがこの大会に出場していると伺い、一緒に観戦☆結果は3位入賞!銅メダル☆
表彰式で賞状とメダルを渡した時の清々しさが印象的でした
おめでとうございます!!


8月も終盤に近づき
まもなく秋シーズンがやってきます
ここ数日気温が高くまだまだ熱中症対策・夏バテ対策が必要です
しっかり食べてよく休み
体調管理に気をつけながら準備をしていきたいと思います

【2013/08/23 10:39】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |


nishiura
10年近く前に高校で先生に教えて頂いた者です。現在、教員として市内の小学校で勤務しています。全中の役員として参加したところ、偶然にも中田先生をお見かけすることができ、とても嬉しかったです。

当時は自分が教わっている先生がオリンピックに出場することになり、とても興奮し、憧れました。オリンピックから帰ってすぐの全校集会で「これからも挑戦を続けていく」と語ってくださったこと、今でも覚えています。目標に向かって努力を重ねることの大切さを身をもって教えてくださった、本当に素敵な先生でした。私も自分の受け持つ子どもたちにそんな教えかたをしていきたいと思います。

ブログを拝見し、今でも競技を続けられていると知りました。陰ながら応援しています。

コメントを閉じる▲
今年もキッズの季節が
やってきました!

陸上競技への入り口を広げるためのイベントとして2008年からスタートした
『キッズアスレチックスフェスティバル』
CIMG0093 (640x480)
みんなおいでよ!を合言葉とする小学生対象の陸上競技体験型イベントです♪

CIMG0057 (640x480)

CIMG0084 (640x479)

CIMG0105 (640x480)

CIMG0073 (640x479)

CIMG0046 (640x480)

CIMG0018 (640x480)
「あれ、行ってみよう!」
友達と狙いを定めて駆けてく姿があちらこちらで見られました^^


第7回目となる今年のキッズフェスは愛知県の東海学園大学で開催
約200名の小学生が
元気いっぱいにチャレンジしてくれました☆☆☆


当日の朝は予想外の雪
マジかぁっ…と
一瞬、クラっとしましたね~^^

遠路はるばる
埼玉や福井、奈良から参加してくれるお子さんもいたので
晴れて欲しいなぁって
みんなで話ししていたんです

雪はすぐに止んで晴れてくれたので良かったけれど
今度はビュービューの北風

参加された皆さん、スタッフの皆さん、寒い中1日本当にお疲れ様でした!


ゲストの田中宏昌選手(10種競技・モンテローザ所属)
CIMG0134.jpg
東京からやってきた日本代表に
子どもたち、からみまくってましたね^ ^サイン会も長蛇の列で大人気
“投げ方”のデモンストレーションでは、何度もどよめきが起こっていました♪
子供たちのスーパーマン
宏昌選手、また是非来て下さいね


6年生の子供たちは
もうすぐ卒業して中学生になりますね

~表彰式の様子~
CIMG0189 (640x487)
前向きにチャレンジすることを続けて欲しいと思います!


最後になりましたが
このイベントを支えてくださった全ての皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました

【2013/02/27 10:03】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

新幹線に乗って
新横浜に向かってます

今日は
JOC事業のお仕事で
横浜市にある篠原西小学校へ行って
講演と授業を担当することになっています

小学校で授業をするのは
初めてで
どんな感じかなーと^ ^

初対面を飛び越えて
子どもたちに
張り切って楽しんでもらえるように
盛り上げたいなと思います!

【2013/02/14 07:33】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

ありがとうございました。
斉藤
篠原西小学校の斉藤です。
先日は本校での授業ありがとうございました。
子どもたちもとても満足した表情をしていました。
感想には、「速く走れるようになった」「投げ方を教えてもらったので遠くに投げられるような気がする」「努力する大切さを知りました」「俺も一流になる」など様々な内容がありました。
次の日から合宿という過密スケジュールの中、本当にありがとうございました。怪我に気をつけて益々のご活躍を期待しています。
篠原西小5年生(担任を含め)全員で応援しています。

コメントを閉じる▲
大阪 枚方市
第3回ひらかたロングジャンプカーニバルに
クリニック講師として参加してきました
2012.10.14-1
この大会は走り幅跳びに特化した競技会。
小学生~トップ選手、各クラスごとに走り幅跳びの試合が行われ、そのあとトップ選手によるクリニックが実施されます
「トップアスリートの部」に出場した選手の皆さんと記念撮影☆


本大会をコーディネートしている荒川選手(左:走り幅跳び)と宮川選手(右:10種競技)
2012.10.14-3
2人とも「トップアスリートの部」でダイナミックなジャンプを披露
荒川選手(左)は、走り幅跳び、2012年日本選手権覇者。


試合観戦の様子
2012.10.14-2
この大会は、こんなに近くで応援できちゃいます!

駆け抜けるスピード
ジャンプの高さ
フワっと浮くジャンプ
迫力満点☆


ゲームのあとはクリニック

私が担当したグループは
小学生

トップ選手のジャンプを見たあとでみんなやる気満々
集合も早い早い^^

初対面の小学生もたくさんいたけど
みんな元気に挑み 
ダイナミックに表現してくれました!

陸上競技をツールに
“いい選手”を目指して欲しいなぁ、そう思う1日でした☆

【2012/10/22 21:02】 | イベント・クリニック
トラックバック(1) |

そういうのもあるんですね~
かえる
幅メインの競技&講習会っていいですね~
たのしそう

コメントを閉じる▲
先週末
第3回豊田市スポーツ少年団アスレチックフェスティバルに
参加してきました

会場のスカイホール豊田
2012.09.08
体操の国際大会やバレーボールプレミアリーグなどの会場にもなる大きな体育館で、今回も1周200mのトラックが準備されていました
広い!


(公財)豊田市体育協会のスポーツ少年団育成事業として位置づけられている本イベント

開催当初から企画などに携わらせていただき
今年も講師として参加させていただきました♪

サッカーや野球、体操やハンドボールなどなど
陸上競技を含め、いろんな種目に取り組む子供たちが集結
参加者約200人(小学生)
初めての『混成競技』をサポート♪♪

“走って 跳んで 投げて”
それぞれに得意顔をみせてくれました☆

投げたあとの表情に「納得?」と尋ねると
「納得!」の返答
駆け出すステップが軽いね~

^^


私が小学生の頃
ワクワクするスポーツイベントは町内運動会ぐらいだったかなー

当時の私は
スポーツには特に取り組んでいなかったので
普段は
鬼ごっこやゴムとび、ローラースケートやドッチボール
とにかく近所の子と外でずっと遊んでいたのを覚えています^^

だから

こうやって
たくさんの友達が集まって
いろいろやれる機会っていうのはいいなぁって思います☆


バランスよく取り組み
個性を出していく

混成競技の特性が
子供たちのレベルアップにつながってくれると
とっても嬉しいデス

またの機会を楽しみにしています!

【2012/09/12 12:08】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |


児玉
次世代の若者を育てることも大切な仕事にて頑張ってください。
この中から第二、第三の「中田有紀」が出てくるといいですね。
洛北・児玉

コメントを閉じる▲
第6回大会のエントリー数は223名
前回大会の197名を超えるお子様を迎えることになりました


天候の影響で初の屋内開催
2012.2.28-1
2階建ての体育館にみな集合~ やっぱり混み混みぃ~^^


イベントが始まるまでの時間は「フリー体験タイム」
子供たちは
興味あるところに行って
実際にその種目を試してみることができます
2012.2.28-2
走り高跳びに挑戦したり


友達と競争したり
2012.2.28-4


棒幅跳びも人気の種目でした
2012.2.28-11


今回考案種目、跳び箱幅跳び
2012.2.28-8
並んだ3人の子供たちが交互にエンドレスにジャンプし続けるのを見て笑。。。 


マットについたテープ、剥がせるかな?
2012.2.28-5
届けっ!


ランプがついたらジャンプするんだよ~
2012.2.28-6
こちらは全身反応時間の測定


意外に!?人気だったのはコレ
2012.2.28-7
立位体前屈


屋内でもおもいきり投げちゃえっ
スピードガンコンテスト
2012.2.28-9


ネットがあるから大丈夫^^こちらのネットは東海学園大学野球部にお借りしました。ご協力に感謝致します!
2012.2.28-10
本番ではどれぐらいのスピードが出るかなー


現役選手や大学生のお兄さんが子供たちをサポートし
イベント前から賑わいの様子


僕もお兄ちゃんみたいにジャンプできるかな
2012.2.28-11
ちびっこのこんな姿も見れました☆


イベントの様子は
次回に続きます

【2012/02/28 21:23】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |
第6回キッズフェス
無事に終了いたしました!

参加者の皆さま、スポンサーの皆さま、メディアの皆さま、スタッフの皆さま
本当にお疲れ様でした

皆さまの多大なご協力に
心から深く感謝申し上げます


今回
ゲストナビゲーターとして
東京から駆けつけてくれた
田中宏昌選手(モンテローザ所属)
子供たちにもスタッフにも大人気でした♪2012.2.27-2

2012.2.27-1
甥っ子・姪っ子も一緒に記念撮影してもらいました^^


キラキラ光る
子供たちの笑顔

保護者の方々の
温かいサポートと応援

急遽の変更に柔軟に対応してくれたスタッフ
その結束力


この日が
子供たちの未来へつながってくれればいいなー
そんな想いでいます☆


イベントの様子は
今後少しずつ紹介していきたいと思います!


イベント成功にご協力いただいた皆様
本当にありがとうございました!

【2012/02/27 11:23】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |
安城北中学校に
講演講師として
お招きいただきました(^-^)/


290名の
中学2年生を対象に

演題は
「君の夢、私の夢」


講演中
一番盛り上がったのは
恋愛話だったかも(笑)
Macのデート話は
私の淡い思い出です


自分の中学時代を思い出しながら

目の前にいる中学生は
どんなことに希望を抱き
どんなことに不安があるのか


多感な時期に
目指すもの
やりたいものを見つけられて
自分を変えていけたらいいな

比較に負けず
失敗を超えて

そんな気持ちを込めての
講演でした


講演後の
メッセージも読ませてもらいました


皆さんの
これからに
エールを送ります♪

【2012/01/24 20:16】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |


-
こんばんは。

安城北中学校の生徒(中2)です。

もう1週間も経つんですね・・・!!


中田選手のお話が聞けてよかったです。
ありがとうございました!!



コメントを閉じる▲
第2回ひらかたロングジャンプカーニバル

走り幅跳びの日本代表として
何度もフィールドに立っている荒川大輔選手考案の
スペシャルゲームです

私はこの日
走り幅跳びのクリニック講師として参加しました☆

うまくできたら
どや顔みせてやー

元気な小学生約50人
みんな
怯まず
大胆なジャンプを見せてくれました!

迷いや
恐怖があるときは
走り幅跳び
うまくいかないからねー



日本トップ選手の試合は
特別に
踏切板のすぐ横で観戦


ダイナミックに舞う選手たちは
会場に集まった子供たちのヒーローでした↑

真っ直ぐな眼差し
軽快な手拍子
そして
どよめき

目と目を合わせて 
すげ~の声


選手が磨いてきた技
集中力と闘争心
全てを“魅せる”


今後の展開も含めて
注目のイベントだと思います!

【2011/10/24 13:34】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |
第5回キッズアスレチックスフェスティバル
2011.3.9-1
みんな豆つぶ^^集合写真 (エントリー数197名/スタッフ96名、保護者の方々多数)


大きな事故なく
終えることができ
企画者として
よかったなぁと
心底ホッとしています(^-^)


このイベントを
支えていただいた全ての方々に
心より感謝、御礼申し上げます!!


ゲストナビゲーターとして
参加してくれた
久美ちゃん(井村久美子選手)
2011.3.9-2
久美ちゃんに会うために
石川県からの参加者もあり♪


遠方からのリピーターとして
奈良県、埼玉県、福井県、京都からも参加してくれました


この日出逢った子供たち
2011.3.9-3
ちょっとでも自信になることが見つけられたなら

2011.3.9-4
陸上競技を通じて 新しい友達ができたり

面白いなってものに少しでも触れられたなら
2011.3.9-5
陸上、やってみようかな~なんて思ってくれたら
選手としてとっても嬉しいデス♪


今回
イベントスタッフは96名
過去最高の協力体制

トレーニングの合間をぬって
事前準備から積極的に参加してくれたのは
東海学園大学の陸上部のみんな
中京大学の混成パートのみんな
2011.3.9-6
~前日準備の様子~
準備のための準備にも根気よく取り組んでくれました


イベント当日も含め
現場ではいくつかハプニングもありましたが
何よりも
こどもたちの笑顔をたくさん見ることができたこと
これが素敵な財産となりました


私には
次世代の子供たちに
目指したいことを見つけてほしいなという想いがあります


自信が持てることや
やってみたいなと思えるものに出会えるか

「このハードル跳べる人」の問いかけに
全員が跳べる!っと手を挙げる
あの前のめりの感じが大事だと思うのです!


「やって楽しい陸上競技」
2011.3.9-7
これからも
発信し続けたいと思います


イベントに参加された皆様
本当にお疲れ様でした!


追伸:参加者の方々へ郵送いたします記録証は、現在準備中です。写真販売の案内とあわせましてもうしばらくお待ち下さい。




【2011/03/09 22:41】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ななママ
初めて参加させてもらいましたが、とてもとても楽しいイベントでした。
娘は初めての1000メートルに泣きながら走っていましたが、それでも「また来たい~!!」と次回を楽しみにしています。
ありがとうございました♪

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
名古屋市防犯協会連合会主催
”第18回模範青少年の集い”が開催されました

この日
私は講師としてお招きいただき
2010.10.30-3
“長く取り組み続けるコツ”についてお話させていただきました

選手には華やかさがあり
独特の高揚感や緊張感を味わいながら
スタジアムで最高の自分を表現することができます
活躍すれば注目もされます

どんな結果であっても
トータルとしては贅沢な経験です

このような経験の後も
混乱せずに自分を伸ばし続けていけるように

何を目指していけばいいか
どこに向かって進んでいけばいいか
なぜ長く続けていく必要があるのか

自らの経験と体験
学びと気づきの中から構築されてきた考え方をお伝えする機会となりました
2010.10.30-2
私は少しでも長く選手でありたいと考えています

そのノウハウを

自らの取り組みで経験中です♪


目指すのは
しなやかで美しい混成競技

ここに多くのことが凝縮されているのです☆

【2010/10/30 22:17】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |
愛知県にある
一色町立一色中学校で開かれた
「文化・芸術・スポーツ体感事業」に参加してきました


私は
陸上競技部の短距離・フィールド種目の選手を対象に
実技クリニックを行いました

陸上競技部1・2年生のみんなと(綺麗なお花をいただきました^^)2010.9.19-1
初対面、関西弁は有効でした^^


みんなが見せてくれた
真剣な眼差し
素直でダイナミックな表現
ハニカミ笑顔
たくさんの質問

私の記憶にインプット


みんなにとって
この出会いが
前進のきっかけとなるならば
選手として
とても嬉しいです♪

“ハードルが怖い”
それならば
挑戦する気持ちと勇気が持てるようになるチャンス!

これからの
みんなの伸長が楽しみです♪

【2010/09/19 23:12】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

ありがとうございました♪
MMmama
はじめまして

息子が一色中学陸上部に所属しています。

息子は中田さんのご指導を受けた日は、とても興奮して帰宅しました。

キラキラした顔をしていました。

中田さんとの出会い、中田さんから直接指導していただいたことは、息子にとってとても良い刺激となりました。

子供たちへご指導、ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
先輩~

先輩~
わかります?

先輩~

なんと
ひらかたロングジャンプカーニバルの会場に
大学時代の後輩 丹羽(旧姓:中山)亜矢子ちゃん(奈良出身:添上高校→中京大)が現れました!
2010.7.4-1
先輩来るって聞いたんで奈良から来ましたよー

まじ!?ここ大阪やで
めっちゃガッツあるな~^^

約10年ぶりの再会
サプライズ


一緒にトップ選手のパフォーマンスを観戦
2010.7.7-1
どの選手が跳ぶのー?
ピットの近くでビックジャンプが見れる特権、雨なんて忘れちゃう!
MUSICの中から登場する選手は注目度100%

選手も観客も
キラキラしていました☆☆☆


この日
走り幅跳び選手は
ウォーミングアップまでの空き時間を
皆控え室で過ごしました

対戦相手同士、同じ種目の選手だけが
試合直前まで同じ空間にいる

サッカーなどのチームスポーツにはない状況だと聞いたことがあります
確かに^^

でも
混成競技にとっては普通の状況
(混成の試合では、混成競技専用の控え室が準備され、選手はそこで休憩したりストレッチしたりする。試合も休憩もライバルと一緒なのです)


走り幅跳びの選手にとっては?


「皆普通に話してるけど、もう、戦いははじまってるで」
まだアップ前の和やかな雰囲気の中
ある選手がわざと発した一言^^

選手の反応
微妙な探りあい
控え室が静かに賑やかになった


観客の期待
ハイテンションな音楽
その中で魅せる技

2010.7.7-3
選手の意識を変えるイベント
ひらかたロングジャンプカーニバル

クリニックの様子
2010.7.7-4 2010.7.7-6 2010.7.7-5
ひゅーん               ヒューン               しゅ~
↑左でサポートしてくれている10種競技の宮川くんも、イベントの企画者


荒川選手の想いの詰まった素敵なイベントによって多くの笑顔が見れる1日になりました!

【2010/07/07 23:27】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

カシャッと一句
ブレンダン荒木
BS見ました!東京タワーも有紀さんも凄く良かった。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
ひらかたロングジャンプカーニバル前日
枚方市某所

主催者の皆さんとの食事会
男子走り幅跳びトップ選手に混じり、私も参加^^
2010.7.4-3
小粋なイタリアンレストランに招待していただきました

同じテーブルには
菅井洋平くん(ミズノ)と猿山力也くん(モンテローザ)、仲元紀清くん(モンテローザ)
皆、共に遠征したことありのメンバー
隣のテーブルには皆川澄人くん(東海大)、日浦誠治くん(東海大)
こちらははじめまして
そしてこの時点で枚方へ移動中の志鎌秀昭くん(阿見アスリートクラブ)と出口義人くん(Ise Track Club)

走り幅跳びのトップ選手が
こうやって一同に集まって
一緒に食事をしたり、話をする機会はそう多くないそうで
みんなそれぞれにとても楽しそう

こちらは主催側から選手にプレゼントされた記念品
(助走の位置マーク)
2010.7.4-2
name入りのアイデアに↑↑
歓迎の意をいただきました^^



ふとした話題から
「先月の混成日本選手権、走り幅跳びで6m30を跳びましたよねー」の話になって

“何故、記録が伸びたのか?”
“何か、変えたのか?”

走り幅跳び専門の選手から質問を受ける構図になりました^^


力感の話に少し触れると
「やっぱりそこかーっ!!」と反応大

力感がある→力感をなくす
この
一度身に付いた感覚を変えることの難しさ
変えたいが変えられない・・・のジレンマ
これを皆知っているようデス


私にはこんな経緯がある

3年半ほど前に
国立スポーツ科学センター(JISS)で
走り幅跳びの踏み切りの力を測定してもらったことがある

そこで
発覚したことは
自分の『勘違い』

「いつもどおり、しっかり踏み切れた!」の跳躍はブレーキが大きく
踏み切った感覚がなくて「失敗したっ!」の跳躍はブレーキが少ない(しかも、距離も出ていたし)

「踏み切れた」=「ブレーキ」
これは
まずい・・・

力感を拭えないまま
力感なしを求めはじめると
今度は
踏み切り自体が弱くなって跳べない

どうすりゃいいんやの日々は
経験済み


そんなことを思い出しながら
話を聞いているうちに
このイベントの企画者
荒川大輔くん(NOBY T&F CLUB)がお店に登場

「みんな明日は頼むで~^^」

私はクリニック講師として
小学生に走り幅跳びのコツを伝える役目
子供たちはどんなふうに表現してくれるかなぁ♪

イベントも面白そうだし
何かワクワクする~

そして
お腹もいっぱい^^


イベント当日のできごと
これはまた後ほど記したいと思いマス

【2010/07/04 18:30】 | イベント・クリニック
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲